アトピーを知る

我が家は私以外、夫と子ども三人は超乾燥肌です。
きちんと保湿しないと、一年中粉ふいてザラザラしています。
特に秋から悲惨です。
一日何回か水分補給、保護してあげないとあっという間に皮膚が剥がれちゃったり痒がってかきむしってしまいます。

夫は遺伝性の病気、魚鱗癬(ぎょりんせん)。
アトピーではなかったけれど、若い頃はとにかく猛烈なかゆみだったようです。

ズボンを脱ぐと、皮膚がボロボロこぼれ落ちる毎日だったとか。
結婚して初めて夫の足前部を見て、魚の鱗のようになっている超乾燥肌の皮膚を見て驚きました。

そんな超乾燥肌の夫の魚鱗癬が、今では鱗がどこにあるのかわからないほどです。
これというのも、結婚して、子どもがアトピーで、ビックリした私があれこれ乾燥肌について調べて行き着いた「無添加・保湿・保護」。

そしてそれにピッタリなゲルクリームを見つけて、アトピーも夫の超乾燥肌も改善したという経緯があります。
超乾燥肌はとにかく肌の内部に水分を保つ事ができていません。
なので、肌を保護するクリームのなかに、水分をかかえこんでくれるヒアルロン酸入りのものを選ぶと良いです。

あとは食べ物も気を使いました。
身の回り品同様、できるだけ無添加のものにして、体の負担を減らします。
そして粗食。
現代の高脂質・高カロリーな食事は肌の負担を大きくし、血液が汚くなったりしてとても健康な肌を作ってくれるとは思えません。
粗食にすると自然に脂肪と糖分の取り過ぎを防ぐ事ができて、お肌の健康にとても良いです。

それから基本的なこと、夜は早く寝る。
なかなか守れないのですが、夜10時以降がお肌の再生時間なのだそうです。
しっかりと水分を閉じ込めてあげた肌の状態にして、しっかり睡眠を取ると、翌朝のお肌はしっかりと答えてくれている事と思います。





タグ:アトピー

アトピー治療

7年間一日たりとも、
ステロイドを手放せないほどの
重症のアトピーだった著者が、

なぜ、たったの3ヶ月間で、
アトピーを完全に克服できたのか?

その秘密の全てを、あなたに教えます。

●何年皮膚科に通っても一向に良くならない。

●痒くて夜も眠れない。

●恥ずかしくて人前で顔を上げて歩けない。

あなたのそんな悩みを全て解決します。


あなたはアトピーを普通の皮膚病だと思っていませんか?

実は、それが根本的な間違いなのです。

まずは、アトピーの本質を知ってください。

そして、これから私が教える方法を、
一つずつ生活の中に取り入れることによって、
あなたも、その地獄のようなアトピーから
開放されるのです。

もう、痒くて夜も眠れない日々を、
送ることはないのです。


アトピーを根本から克服するための唯一の成功ノウハウ!
『アトピー地獄からの脱出!』をあなたにお伝えします。

今なら、先着100名様に限り
無制限のメールサポートをお付けします。

しかも・・・

返金保証付です!


アトピー地獄からの脱出!完全個別サポート付

乾燥肌なのににきび

通常「にきび」というと、オイリー肌の人の皮脂が過剰分泌して、そこに最近が繁殖して白いぷつっとした湿疹が出来ている状態を想像します。
でも大人のにきびの原因に「乾燥肌」が原因の事が多いそうなんです。

アトピーで悩むのににきびまで。。。

乾燥肌は、皮脂の分泌量と水分量のバランスが取れていない状態です。
お肌が乾燥して角質層の水分が少なくなってしまうと、肌が再生するサイクル(ターンオーバー)が遅くなってきます。

ターンオーバーが正常に行われなくなってくると、お肌の角質が微妙に厚くなってきてしまいます。
角質が厚くなると、毛穴が小さく細くなってしまいます。

細くなった毛穴に剥がれ落ちた角質など老廃物が溜まり、さらにそこにアクネ菌などの細菌がつくとにきびができてしまいます。
オイリー肌の人も、乾燥肌の人も、にきびの原因は「毛穴のつまり」によるもので共通しています。

ですから、ドライスキンの人のにきびは、乾燥を防ぐ正しいスキンケアによりかなり改善することができます。
洗顔には刺激の少ない、なるべく無添加の石けんなどの洗浄剤を使います。

私の場合無添加の石鹸で思いっきり泡立てします。
「泡〜♪あわの力♪」
食器洗剤のCMで言われている泡には本当に力があるのねと感心してしまうほど泡だけで洗顔しています。

力は必要ありません。
顔を泡でなぞるだけでしっかりと洗顔されています。

汚れを取らなくては・・・とあまり念入りに洗顔してしまうと、皮脂までとりすぎてしまってかえって乾燥状態を作り出し、毛穴に細菌や汚れが進入しやすくなってしまいます。
洗顔後はすぐに保湿してお肌が潤った状態を保ちましょう。

注意点はこんな簡単な事だけですので、オイリー肌よりもドライスキンのにきびはあまり悩まなくてもよさそうですね。


アトピー地獄からの脱出!完全個別サポート付

男性の方はまだまだ泡の力を信じていないようですが、まずは思いっきり泡立てて洗顔してみてください。

アトピー診断

生まれてから3ヶ月位までは乾燥肌が原因という事ではなく、乳児湿疹というもののようです。
(我が家の場合はアトピー体質によるものなので、乳児湿疹レベルではないのですが・・・)
3ヶ月を過ぎると赤ちゃんの肌はコレまでと違って乾燥肌になってきます。
皮脂の分泌量が急激に減ってしまうためです。

大人の半分?3分の一しかない薄さの赤ちゃんのお肌。
このお肌を守ってくれる皮脂が少なくなってしまうという事は、外からの刺激を受けやすい状態という事です。

ごわごわの服とか静電気が置きやすい化学繊維の素材、刺激の強い洗剤とか、衣類に残留した合成洗剤とか、ハウスダストとか・・・

赤ちゃんを取り巻く環境には沢山の刺激が待っていますので、ブツブツとその刺激による湿疹が出る子が多いようです。
これがそう簡単になおらないと「アトピー」と診断されてしまう赤ちゃんも現代では多いそうですね。
我が家の子達も全員例外ではありませんでした。

乾燥して、ブツブツが出来た肌は強いかゆみを伴っている事が多いです。

うちの子がアトピーと診断されたときは酷いブツブツからではありませんでした。
少し乾燥していてザラザラな背中。
そして異常なかゆみ。
どう見ても痛そうではなかったのですが、お医者さんはすぐに
「結構痛いはずですよ」と。

ごめんね。私の誤った診断で痛い思いさせてと自分を責めたものでした。

赤ちゃんは自分の手を上手に痒い場所に持って行く事ができません。
顔とか頭とかをどこかにこすり付けたりするしぐさが多い時は、かゆみが原因かもしれません。
夜中泣くのも、痒いことが原因の一つになっている場合があるように感じます。
いずれにせよ、あまりにも炎症が広がって痒がっているようでしたらお医者さんに早めに連れて行って、親子共にストレスの少ない生活を送る事が望ましいですね。

ワセリン

赤ちゃんのカサカサ乾燥肌を心配してお医者さんに行くと、ワセリンを処方されたりします。

赤ちゃんに限らず、わがやの夫も若い頃にカカトのひび割れで皮膚科を訪れた時にワセリンを処方されたと言っていました。
主婦湿疹など手のひび割れに悩んで受診するひとにも処方されるみたいです。

でも、それで良くなったという話よりも「ワセリンだけでは治らなかった」という話の方を良く聞きます。
私も子どもの肌のことで悩むまでは「ワセリン」って何だ?程度に無関心でしたので、効かない薬もあるものだ・・・なんて思っていました。

そして、子どもの肌をキッカケにいろいろ調べたり、子どもの体で実験して観察したりしていくうちに、その「効かなかった原因」がわかり、ついには夫のカカトのひび割れまで治すことにつながりました。
ずばり、乾燥しているお肌に必要なのは「ワセリン」で保護する事、それ以前に「水分を補充してあげる事」だったからです。
水分がないとお肌が回復する力がでません。だから治らない事が多いのは当たり前です。
昔のお医者さんって、そんな事わかってなかったの?それとも分かってたけど保護剤のワセリンだけ処方したの?と今でもナゾです。

アトピーの大敵は乾燥です。
いつも保湿に気をつけましょう。

アトピー克服


アトピー地獄からの脱出!完全個別サポート付

乾燥肌とは、肌表面の皮脂が少なく、また肌内部に水分を保持する成分が体質的に少ない人のお肌の状態を言います。
乾燥肌の人は、様々な肌トラブルを併発します。
もっとも多いのがかゆみ。

かゆくてかきむしってしまい、それが原因で皮膚の状態が悪化、更にかゆくなります。
更にはそこに細菌が入り込むと炎症が起きて薬が必要な状態に・・・
悪循環です。

乾燥肌じゃない人から見たら「じゃ、掻かなきゃいいじゃん」となるわけですが、「超」がつくほどの乾燥肌の我が家の夫と子どもたちに聞くと「そりゃ拷問だ」との事。
掻いても拷問、掻かなくても拷問、可哀想です。

赤ちゃんはちょっと目を離した一瞬のスキにカワイイお顔を鋭い爪で引っかいていたりします。
かゆみのない普通のお肌の赤ちゃんはそんな事がないのでとても羨ましいです。
我が家の子達はそんな感じですのでかゆみを紛らわせる為に、優しく手を持って踊ってみたりして意識をそらせる努力をしました。

その紛らわせ方とは?
アロマテラピー。
少量のアロマを足裏に塗ってマッサージすると気持ち良くてスヤスヤ眠ってしまうのです。
アロマの知識はないのですが、
「ぐずったときにはマッサージするとすぐ寝ちゃうわよ」
と、知人に聞いたからでした。

そうやって努力していても本当に一瞬でものすごい悪化しちゃうので、そんなときには皮膚科に駆け込んで子ども達のステロイドを処方されてきます。

うちはアトピーもちの乾燥肌なので、ステロイドがあっという間に効かなくなってしまうので使用するときにはしっかり観察をしながら慎重に塗っていきます。

大変だけど、遺伝性だからしょうがないです。
我が家の子ども達の体質だと割り切って、日々の乾燥肌ケアに励んでいます。
同じ体質の子を育てているお母さん達、スキンケア頑張りましょうね?。
タグ:アトピー

セラミド

アトピーの子もそうですが、乾燥肌の人に必要な成分に「セラミド」というモノがあります。
セラミドとは、化学物質、化学物質、細菌、ウイルス、等など、 様々な物質が体の内側に進入してくるのを防ぐバリアの働きをしているものです。
簡単に言うと細胞と細胞の間にある脂質の主成分の事です。

乾燥肌の人の肌は、このセラミドが著しく減少している為に、大事な角質層がはがれ、皮膚から水分が逃げてしまいます。

という事でセラミドを補うと良いといいますが、どのように補ったらよいのでしょうか?
手っ取り早く、セラミド入りの化粧水とかゲル状クリームとかをよく見かけます。
あとは、アトピー関連の会社がセラミド入りのこんにゃくゼリーなんかを出していて、とても高価だけどおいしかったです。
外から直接添付するだけではなくて、サプリメントで摂取するという方法もあります。

アトピーと乾燥肌

アトピーと乾燥肌は実に関係が深いです。
私はアトピーとは無関係と思っていましたが、生まれた子どもは全員アトピー。
一人目の時なんて今みたいにパソコンがなくて情報が乏しかったので、「なんでウチだけ・・・」と途方にくれたものです。

アトピーは遺伝の要素を多く含んでいるといいます。
我が家では夫が「超」のつく遺伝性の乾燥肌と、重症の花粉症もちです。(なんと花粉症は治ってしまったので「でした。」が正しいのですが・・・)
私は医者で診断を受けた事はないけれど、多分アレルギー性鼻炎もち。

かゆがる息子を連れて皮膚科に言われました。

「あなたのお子さんはアトピーですよ」

「えっ?」

「そしてお母さんあなたもアトピーですね」

「ええっ??」

30年以上気づかずにいた私もアトピーですか?
かゆくないんですけど。。。

少し乾燥ぎみかなぁとは思ってましたが。

子ども達は見事に乾燥肌を受け継いでしまい、夫と私のもつアレルギーもしっかり受け継ぎました。
そしてアレルギーの症状と言うのは体の弱い部分にでますので、乾燥肌という弱い部分に出たことで「アトピー」となったわけです。

アトピーの基本はスキンケアです。もちろん食べ物も同時に気をつけなくてはいけません。油分、糖分の組み合わせは大敵です。
乾燥した肌から、アレルゲンが進入して反応するのを防ぐ為に肌の乾燥をコマメにケアします。
不潔になっている部分は汚れ自体が刺激になったり細菌が繁殖したりしてしまうので、清潔も重要なポイントです。

あまりにも悪化してしまった時にはステロイドが必要になりますが、普段のお手入れ次第で薬を使う頻度が格段に減ります。

途中悪化した時にもひたすらスキンケア。肌以外の病気で小児科に行った時に「薬を塗らないと治らないよ!」といわれたけれど、2週間周期でよくなったり悪くなったりしている事は、母親である私が良くわかっていたので断りました。
(これは本人が痒がって寝られないとか、引っかき傷が堪えないなどの状態がなかった為にできたことです。)
アトピーは、お医者さんのお薬も大事ですが、それよりももっと大事なのはおかあさんのスキンケアと観察力だと思います。

『アトピー克服法』


アトピー地獄からの脱出!完全個別サポート付

あなたの子供がアトピーだと診断されたらどうしますか?

何が原因?

そればかり気になることでしょう。

私も皮膚科で言われてしまいました。

「あなたのお子さんはアトピーですよ」

この一言でとても自分を責めました。


『アトピー克服法』

アトピー地獄からの脱出!完全個別サポート付

個別相談できるのはうれしいですね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。